自分を認めるための22の言葉

スポンサーリンク

必要なかたは、字幕もご利用ください。

ツイッターで配信をおしらせします→http://urx2.nu/SoWl

これから、自分を認めるための22の言葉 をお伝えしていきたいと思います。
もし、あなたが自信を失いそうになったとき、自分を責めそうになったとき、孤独を感じた時などに、繰り返し聞いてみてください。

以上が、自分を認める22個の言葉になります。
では、まとめて22個の言葉だけをご紹介します。

1.私は痛みを感じている。だから、それを癒すためにいろいろなことを試してみる。
2.私は過去の怒りや罪悪感を抱えている。だから、癒される必要がある。
3.過去の痛みから自分を守るための方法で、私は今の自分をさらに痛めつけてしまっている。だから癒される必要がある。
4.過去の私には何の力もなかった、けれど今の私は無力ではない。
5.この痛みをどうするかは、私の選択に任されている。
6.私は基本的なスキルを学んでこなかった。だから今から学ぶ必要がある。
7.回復とは私という人間を変えることではない。本来の私でないものを演じなくて良い、また、偽りの自分に縛られなくなることだ。
8.回復とは、1か10かではなく、2から9までの階段があると学ぶこと。
9.私には、新しい方向へと人生を建て直すだけの時間と意味がある。
10.自分を愛することを学ぶのは、その分だけ他人を愛さなくなることではない。むしろ自分を愛することで、他人をさらに愛する自由を手にすることができる。
11.誰かから渡された秘密から自由になる道を、私は選ぶことができる。
12.自分の大切な秘密を、わかち合う安全な方法を、私は見つけることができる。
13.自分が演じてきた役割について知ることで、私は新しい生き方への新しい方法を探し当てた。
14.私には、もう生きのびるための役割は必要ない。
15.私の成長は私自身のためであって、他人を変えるためのものではない。
16.私を傷つけた人に直接向き合うのをやめる選択をしても、私が腰抜けなわけではない。
17.親密さとは誰かのそばにいること。親密さとは、拒絶される恐れなしに相手の前でありのままの自分を分かち合えること。それができるというお互いの信頼感があること。
18.過去と現在を受け入れることによって、私の心は満たされたものになる。
19.私はすべての事柄や人などをコントロールして良いというわけではない。
20.私が自分を受け入れるために、誰かの承認を必要とはしない。
21.人が私から去ったとしても、それはその人の意思であり、私の価値が揺らぐものではない。
22.人生における選択の責任は、常に私にある。だから、私は、自由でもある。
・・・続きは動画でどうぞ!

※自動音声になります。苦手な方はご遠慮ください。