悩む人がやり残してきたこと

スポンサーリンク

あなたは、何か、やり残してきたことがありますか?

これは、私が何年もかけて、このチャンネルで伝えてきたことの、集大成ではないかと思っています。

また、それは、おおごとなことではなく、すごくシンプルなことです。

それは、自己主張です。

でも、ここでは自己主張の方法を、お伝えするつもりはありません。

自己主張をしてこなかったことで、どれだけソンをしているか、気づいてもらえたら、嬉しいです。

今日は、このような話をしました。

前半は、

あなたがやり残してきたこと、です。

悩みが解消できない人、人生が先に進まないと感じる人などは、拒否することに対する、自信のなさが原因だと考えます。

それは、自己主張や、ありのままの感情を拒否されてきたからです。

そして、今の努力も、誰かに従う努力とか、自分を抑える努力をしているからだと思います。

後半は、

これからやっていきたいこと、です。

1.この事実に気づくこと、です。

大人の勝手な都合で、自分を抑えるように仕向けられてきたことを、正面から目をそらさずに見ることです。

2.自己主張できない自分の人生を、振り返ってください。

きっと、損なことだらけ、だったはずです。

なぜなら、最初からそのために、禁止令などが使われていたからです。

3.いい加減、自分を抑えるのをやめようと決意することです。

だって、損しかしないのですから、どこかでやめないと、いつかは敗北者になってしまいます。

4.拒否することの自信を持つ、です。

拒否することで、自分を守ることができます。

拒否することで、あなたを責める人は、最初から何かが目当てだったはずです。

自分が拒否するには、ちゃんと理由があると、何度も思いなおすことです。

5.言葉などで自己主張する技術を学ぶ、です。

3番と4番がしっかりと固まったら、あとは、どう表現するかだけです。

なるべく、トラブルなく、拒否を表現できたら、もっと快適に生きられると思います。

いかがでしょうか。

前に、誰にでも良い顔をしてしまう理由という動画などで、無差別症という話をしました。

無差別症とは、良い人も悪い人も、区別がつかないという症状のことです。

今日話したような、自己主張できない人も、悪い意図で近づく人に対して、拒否できないということは、無差別症と、結果的に同じだと思います。

もちろん、人のことを全て拒否したり、疑ってかかるのは、寂しいことです。

ただ、その前提として、自分を陥れようとするような人に、笑顔を向ける必要もないということが、ちゃんとできてないと、怪しい人間関係に、巻き込まれることになります。

あなたは、必要以上に、我慢をしていませんか?

・・・続きは動画でどうぞ!

【動画内でご紹介した動画や関連動画】

あなたから自信を奪っていく「禁止令」を解くための方法

あなたから自信を奪っていく「禁止令」を解くための方法

心の声を聞く方法

心の声を聞く方法

誰にでも良い顔をしてしまう理由

誰にでも良い顔をしてしまう理由

※自動音声になります。苦手な方はご遠慮ください。