言いにくいことを伝える方法【感情表現】

スポンサーリンク

あなたは、自分の感情を表現することができますか?

先ほど、このようなつぶやきをしました。

感情表現が苦手な人は、我慢を教えられてきたのかも。

どうして我慢するの?

泣かれたり怒ったりして、騒がれるのが嫌なのでは?

つまり、「大人の都合」だったのかもしれません。

その教えをまだ、守り続けますか?
それとも、自分の感情を取り戻しますか?

という内容です。

つまり、私たちは、どこかで感情の表現を抑えた方が、うまくいくと学び、それから先は、ずっとそのやりかたできた人も、多いと思います。

学校などでは、うるさい生徒は先生から嫌がられます。

親などもそうでしょう。

こうして、感情を否定されると、我慢することを選ぶ人がほとんどだと思います。

でも、それも限界がくると、体に不調が現れたり、良い感情も出せなくなってしまうのです。

また、何か問題が起きた時も、感情を出す必要があると、逃げたりして、問題の解決をしないような方法を、探してしまうこともあります。

ということは、やっぱり感情は大切にする必要があるのだと思います。

でも、出し過ぎると嫌がられる、だからと言って出さないと、自分がおかしくなる。

ということで、今日は、感情、特にあまり好ましくない、マイナスの感情が出た時、どのように対応していけば良いかを、考えていきたいと思います。

前半は、

間違った感情の伝えかた、です。

後半は、

間違った感情の伝えかたをしないためのチェックリスト、です。

・・・続きは動画でどうぞ!

【動画内でご紹介した動画や関連動画】
誤解のないコミュニケーションを取るための言葉選びの5つの方法ー噂や悪口・陰口などの正体を理解するー

誤解のないコミュニケーションを取るための言葉選びの5つの方法ー噂や悪口・陰口などの正体を理解するー

あなたの足を引っ張る「思い込み」を捨てる方法

あなたの足を引っ張る「思い込み」を捨てる方法

自己主張を磨く方法【怒りなどの感情を表現することの大切さ】

自己主張を磨く方法【怒りなどの感情を表現することの大切さ】

※自動音声になります。苦手な方はご遠慮ください。