「ひいき」と「好き」の違い「共生的関係を卒業することで本当の信頼関係は見つかる」

スポンサーリンク

ツイッターで配信をおしらせします→http://urx2.nu/SoWl

私たちは、他人を理解することよりも、ずっと、自分を悪く思われないことに、神経をすり減らしているように思います。

自分を悪く思う人がいるなら、それはもう切り離せば良いのではないかと、人のことなら冷静に思えるのに、自分のことになると、そんなことを回避するためにほとんどの時間を使っていたりします。

ただ「そのままで良いのだよ」と言われても、なんかピンと来ないのは、仕方がないことです。

なぜなら、今までは「そのままでいいのだよ」ではなかったからです。

それを突然「そのままで良いのだよ」と言われても、何をどうしたら良いのかわからない。

そんな人も、なぜ悪く思われないようにすることが、無駄なのかを理解してもらうと、「そのままで良いのだよ」の意味がわかってくると思いますので、今日はお伝えしようと思います。

あなたは、ひいきされるのと、好かれることのどちらを選びますか?

もし、ひいきされる方が嬉しいと思ったなら、きっとこの先の話は役に立つでしょう。

ひいきされていることを好む人は、好かれるという実感を感じたことがない人なのかもしれません。

そして、自分に何かしら不満を感じている。だから好かれてもピンとこない。

・・・続きは動画でどうぞ!

※自動音声になります。苦手な方はご遠慮ください。