決断ができない理由

スポンサーリンク

あなたは、決断ができますか?

このチャンネルでも、多くの人が、嫌いな人や、自分を傷つけた人と、決別したい、もしくは、自分の思いを伝えたいと思いながらも、なかなかできない人は、とてもたくさんいます。

それが、悩みが解決できない理由の、大きな原因だと、私は思っています。

だから、ある意味当たり前なのですが、すぐには決断ができないとしても、どうして自分が、このようなことになっているのか、理由を知りたくはありませんか?

今日は、そんな内容をお送りしたいと思います。

今日は、このような話をしました。

前半は、

決断ができない理由、です。

決断ができないのは、自尊心が低いからです。

そんな自分が考え出した意見など、意味がないと、思い込んでいるのが原因です。

また、そうなった理由としては、

一つ目の理由は、育ちです。

親の養育態度が、あなたに批判的であり、否定的であるほど、この自尊心の低さは顕著になります。

また、二つ目の理由は、自分を憎んでいる、ということです。

これは、2代目の批判家である自分自身が、自分を批判し、否認して、憎んでいるのです。

つまり、親と一緒になって、自分までも、自分のことを、責め続けているのです。

後半は、

一歩だけ前に進むための方法、です。

まずは、こんな自分はダメだ。だから、自尊心を持とう、などと思わないでください。

それこそが、親と一緒になって、自分までも、自分のことを、責め続けていることの、一つなのです。

そうではなく、なんてこった、何もできない子供の自分を、批判したり、否認したり、あいつら、よくやってきたわ。

などと思えるようになることです。

確かにそれは難しいことですが、この私の言葉を、否定せずに受け入れようと、まずは考えてみてください。

いかがでしょうか。

そして、具体的な方法としては、自分の中で日々出てくる、否認の言葉をメモに残すという、否認日誌です。

これが癖になって、わざわざメモに残さなくても、その場で、あ、また否認している、と気づくまで、続けてみてください。

いかがでしょうか。

万里の道も一歩から、です。

自分を変えるのではなく、本来の自信のあった自分を取り戻す、ということです。

そのための、一番の強敵は、今日は何度も出てきましたが、2代目の批判家である、自分自身なのです。

・・・続きは動画でどうぞ!

【動画内でご紹介した動画や関連動画】

人を見る目に自信がない理由

人を見る目に自信がない理由

「私さえ我慢すれば・・」と思ってしまう人へ、万能感を手放す方法

「私さえ我慢すれば・・」と思ってしまう人へ、万能感を手放す方法

※自動音声になります。苦手な方はご遠慮ください。