受験生必見! 記憶に残る書き方【精神科医・樺沢紫苑】

スポンサーリンク

【『精神科医が教える ストレスフリー超大全』樺沢紫苑】
https://amzn.to/2Oikzat
【チャンネル登録をお願いします】http://www.youtube.com/channel/UC1WkFVOCTPdY782AJ1PZ-JQ?sub_confirmation=1
【全動画プレゼント】YouTube「樺チャンネル」の全動画2159本のリストをプレゼント中。今すぐダウンロードしてください。 https://canyon-ex.jp/fx2334/z6j0NW
【質問】「現在、国家資格を猛勉強中です。今までの勉強法は読むだけだったので、すぐに忘れてしまいます。
樺沢先生のアウトプット大全を拝見させて頂いてからは、書く、話す、説明する、アウトプットを中心とした勉強法を行なっておりますが、
書いて覚える場合はノートにゆっくり丁寧に書く方法と、ざっと書く法方の、どちらが記憶に残るのでしょうか?」
アウトプットがんばるさん(30歳・男性)
  
「僕はなにかを覚えるとき、必ずノートに書くようにしています。
その書くときに注意するべきこととして、字はキレイに書くほうが覚えられるのか、それとも字は汚く書きながらも、無我夢中で書くほうがいいのか、
どちらが記憶をするという意味で、良いと思うでしょうか?
僕個人の感覚としては、キレイに書いたほうが感覚的にシックリはきます」
ニシさん(24歳・男性)