失敗を受け入れる方法

スポンサーリンク

あなたは、失敗をすることがありますか?

そう聞けば、「ほぼ全員が失敗をする」と答えると思います。

では、すごく失敗が怖い人はいますか?

これも多くの方が、怖いというと思います。

今日は、このように失敗が怖いと強く思っているかたが、少し楽に失敗を捉えられるようになれたらと思います。

今日は、このような話をしました。

前半は、

失敗を受け入れられない理由

失敗を受け入れられない自分は、失敗を恐れる養育者などの接しかたによって、間違いをすることは、ダメだという学びを、繰り返してきたからです。

しかし、このような親は、完璧を求める完璧でない親なので、学ぶべき相手では、なかったかもしれません。

ただ、当時は、その人たちしか、周りにいなかったのですから、仕方がありません。

そして、その学びによって、自分自身にも、完璧を求める完璧でない自分が、内在化したということです。

後半は、

失敗を受け入れる方法

エジソンなどの偉大な人は、偉大なほど、失敗を繰り返しています。

それは、当たり前です。

誰もやったことがないことをするのですから、何が正解かもわからないと思います。

ただ、失敗した人しか、成功がないことは明らかです。

認知行動療法では、漸次近似と呼びます。

この意味は、失敗からの学びによって、少しづつ成功に近づくという方法です。

このような過程で、あなたの失敗を面白おかしく、馬鹿にしてくるような人も、出てくると思います。

そんな人は、あなたの人生に何も関係のない人ですから、いかにスルーするかを、まずは考えてください。

いかがでしょうか。

「失敗は、悪い。」

これは、当たり前のように、共通認識されていることだと思います。

でも、そこにいる限り、私たちは自分で作ったオリの中に、勝手に入って、苦しんでいるようなものです。

昔は、そのオリに鍵がかかっていたかもしれませんが、今はもうないでしょう。

それならば、自由に自分の意思で、外に出ることを選べるのです。

あなたは、それでも鍵のかかっていないオリに、い続けますか?

・・・続きは動画でどうぞ!

【動画内でご紹介した動画や関連動画】

自己否定から抜け出す方法

自己否定から抜け出す方法

そして誰もいなくなった

そして誰もいなくなった

決断ができない理由

決断ができない理由

※自動音声になります。苦手な方はご遠慮ください。