そして誰もいなくなった

スポンサーリンク

あなたは、人間関係の整理をして、気がついたら、周りに誰もいなくなったと、感じたことはありますか?

こちらのチャンネルでも、別れる方法とか、縁ぎりとか、逃げる方法などの動画を出しています。

そして、その結果、誰もいなくなるということは、多くの方が実感していることではないでしょうか。

この状態は、良いのでしょうか?悪いのでしょうか?

今日は、このようなことを考えていきたいと思います。

いつもより、雑談の内容が多いので、興味のあるかたは、続きもご覧ください。

今日は、このような内容でお送りしました。

前半は、

人間関係を整理することの意味、です。

人間関係を整理するには、それなりの理由があるはずです。

できたら、既存の関係の中で、生きていきたいと思うものでしょう。

でも、それができないならば、そう思った自分の気持ちを理解しようと、そこに集中してください。

その結果、自分を大切にするためには、今の関係が害になると判断するなら、それは自分にとって、将来的に、良い判断ではないでしょうか。

後半は、

誰もいなくなることはダメなの?です。

誰もいなくなるというのは、実はよくある話です。

なぜなら、私たちは、見えない人間のタイプの群れ、つまりゾーンの中で生きているからです。

人を騙すような人は、そういうゾーンに居て、判断力のない人を、招き入れて、騙します。

人をいじめるような人は、そういうゾーンに居て、蜘蛛の巣をはるかのような体制で、かかって来る人を、待ち受けます。

このように、自分がわかっていて、そこにいるなら、問題はないですが、そこから出るのが面倒だからでないのは、このような攻撃を加える人からすると、都合の良い人たちだと、映ると思います。

そんな都合の良い人が、そこから出ないように、反対したり、脅したりするのは、ある意味、作戦として、当然だと思います。

それを、愛だと勘違いしていないですか?

いかがでしょうか。

このように、自分が害を受けているとわかっているのに、劣悪な人間関係や環境にいるのは、つらいものです。

このような人が必要とするのは、怒りというエネルギーです。

怒りというエネルギーによって、現状を突破するのです。

怒りを起こすには、これはおかしいという、洞察力が必要になります。

そして、その洞察を見過ごさないという純粋性です。

それができないのは、どこかで白馬の王子さまが、助けてくれることを、待っているからです。

まとめますと、周りに誰もいなくなるのは、人生の転換期では、当たり前のように起きることです。

このように、同じ方向で生きてきたとして、この方向を切り替えようとすると、このように船が方向を変える時のように、ジリジリとなんども切り替えて、変換していくようなことが起きます。

このジリジリは、元に戻りそうになったり、不安になったり、孤独になったりすることです。

もちろん、元に戻っても良いのですが、自分はこの転換点にいるのだ、という意識は、持っていた方が良いと思います。

つまり、誰もいなくなるのは、人生の軌道修正をする上で、必要なプロセスだと思います。

・・・続きは動画でどうぞ!

【動画内でご紹介した動画や関連動画】

別れる方法

嫌な人と別れる方法

縁切り

縁切りの作法ー嫌な人をスパッとうまく遠ざける方法ー

逃げる方法

逃げられない人がうまく逃げる方法

たての関係、横の関係

トラブルを解決して、思ったように物事が進むための8つの要素

洞察力

キケンを見極める能力を身につけるー洞察力を磨くー

※自動音声になります。苦手な方はご遠慮ください。