あなたを不幸にする人の3つの特徴

スポンサーリンク

どんな人が、あなたを不幸にすると思いますか?

それについては、実際に経験をした、あなた自身が一番よくわかっていると、思います。

ただ、人間の特徴として、そのような、あなたを不幸にする人を、そのあともなんども選んでしまう、と言う特徴があるように思います。

そして、同じようにわかれをくり返していくと、どうなると思いますか?

人間なんて、同じようなもんだ、誰も自分を理解してくれないし、大切にしてくれない。となります。

でも、実際は、あなたを不幸にする人を、そのあともなんども選んだことで、同じような扱いを受けているだけなのかもしれません。

今日は、このようにあなたを不幸にする人を、どうやって判別し、そして、どうやってこのパターンを変えていくかを、考えていきたいと思います。

今日は、このような話をしました。

前半は、

あなたを不幸にする人の3つの特徴とは、です。

今回は、否定、距離感、欲、と言う3つをあげました。

これは、私の考えたものなので、あなたの中でも、自分を不幸にしてしまう人を、整理しておいて、初対面の時などに、当てはまらないか、チェックすると良いでしょう。

大抵は、初対面の時に、何かおかしいと思った場合は、その通りになるものです。

その判断を誤るのは、自分の中の、期待や欲なのです。

後半は、

幸せのパターンを知る、です。

幸せのパターンを知るには、不幸のパターンも知っておく必要が、あったのです。

もし、自分自身が不幸体質な場合は、まずは、そこから取り組みます。

自分を、観察する、気づく、修正する、の繰り返しです。

そして、これから幸せのパターンを作っていくには、

1。賢い選択をする。
2。傷ついた時の対処法を考えておく。
3。イベントなどに注意する。

この3つに注意しながらも、まずは、自分から友達、恋人などが欲しいと、募集してみましょう。

これは、ネットで募集するとかではなく、話してみて、自分を不幸にする人ではない、幸せにする人だと感じたら、次の約束をしてみる、ちょっとだけ距離を近づける、などを試してみることです。

・・・続きは動画でどうぞ!

【動画内でご紹介した動画や関連動画】

自分を大切にする方法ーまずは自分の不幸を受け入れることー

自分を大切にする方法ーまずは自分の不幸を受け入れることー

不幸と認められない理由

不幸と認められない理由

レジリエンス(トラウマを克服すること)を邪魔するものとは?

レジリエンス(トラウマを克服すること)を邪魔するものとは?

※自動音声になります。苦手な方はご遠慮ください。