今日のセルフトーク 1月12日「心の弱さを自覚する」

スポンサーリンク

心の弱さを自覚する

私たちは、毎日、毎日、心が弱くなってしまうことがあります。

心が弱いというのは、大人しいとか優しいなどの意味ではありません。

「自分よりも他人が重要になる」ということです。

人から評価されれば、それが一番とか、人の顔色ばかりを見てしまうとか、そんな毎日を続ければ、心が弱くなって行きます。

それは、他者の態度によって、自分を判断するという、とっても回りくどい受動的な生き方なのです。

「他人が重要になる」程度がどんどん進行していくと、一人でいるときでさえ、他者が気になります。

ひどい人なら、寝ている時でさえ、他者や死んだ人までもが出てきて、あなたを責めます。

そこで、夢に出てきた相手を、朝になって責めても仕方がないのです。

なぜなら、夢を見ているのは、あなただからです。

つまり、夢にまで他者が出てくるほどに、他人本位の生き方をしていることに、気づく必要があります。

そして、その他人本位の受動的な生き方が、あなたにどれほどのメリットがあるのか、考えてみましょう。

あなたにとって、他人本位の受動的な生き方が、どれくらいメリットがありますか?

では、今日もいちにちセルフイメージをあげて行きましょう。