悩み相談:痛みを共有することを優しさのように感じてしまいます

スポンサーリンク

今日は、コメントでご相談がありましたので、私なりにお答えしたいと思います。

ご相談は以下の通りです。

私はわけあって身体障害者や精神障害者と関わっているのですが、そのなかで、自分よりも苦しんでいる彼ら、彼女らを見て、「自分も同じ体になれたらいいのに。そしたら痛みを共有できるのに。」とか、「どうして自分は五体満足なの?こんなことが許されるの?」と、自分を責めてうつ状態になってしまいます。
私は自己犠牲を優しさのように感じていて、小さい頃からこの考えがとりついて離れません。
また、神様に見張られてるような感覚もあって、自己犠牲を強いられてるかのようにも感じます。

真っ当な優しさ、健全な優しさを持てる人間になりたいです。

どうしたら、不健全な自己犠牲をやめれるでしょうか?

以上が相談内容です。

お仕事なのかどうかはわかりませんが、日常的に体や精神に障害のあるかたと接するというのは、体力、気力ともに大変だと思います。

少しでもこのかたのお仕事なのか役割がしやすくなるように、考えてみたいと思います。