今日のセルフトーク2月8日「心配症の心の奥にあるもの」

スポンサーリンク

心配症の人の心の奥には、常に迷いと怒りが混じり合っています。

つまり、「こんな生き方で良いのか?」という迷い。

そして、「こんな生き方をしてきた」自分への怒りと、「こんな生き方をさせられてきた」という周囲への怒りです。

このように現実は、怒りと迷いでいっぱいなのだから、自分が決めることにも自信が持てない。

「また失敗するのではないか?」

「あの人の言うことを聞いたら、騙される」などと迷う。

これが心配症の本当のところなのだと思います。

・・・続きは動画でどうぞ!