別れが上手くなる方法

0

あなたは、誰かとの別れを、考えていますか?

もしくは、今はなくても、過去に、別れを経験して、傷ついたことはありますか?

このように、であいと違って、別れは、別れようと思ったほうも、それを告げられたほうも、冷静ではいられない、重要な場面です。

この別れがうまくできずに、ズルズルと何年も嫌な相手と、一緒にいる人も、多いでしょう。

これは、一番つらく、良くない状態だと思います。

関係を継続するにしても、別れるにしても、自分なりに納得してないと、この先も、ずっと我慢とか、なんとなくの関係を、続けることになります。

今回は、別れを推奨するというよりも、別れかたをうまくやると、お互いの成長になるということを、お伝えしたいと思います。

前半は、

別れるのか、継続するのかを決める、です。

別れを決めるときに、一番大事なのは、愛があるのに、わかれようとしているのか、

もしくは、自分にとって必要でない、もしくは負担になって別れるか、の違いは大きいと思います。

もし、自分の中に、相手に対する愛や、期待が残っているなら、不健全な関係を改善していくことを、試してみると良いです。
しかし、これには、お互いの意思が必要になります。

つまり、あなたが、ただ相手に合わせて、ズルズル付き合うのは、迎合であり、それは違うということです。

後半は、

別れが上手くなる方法、です。

別れがうまくいかないのは、どちらかが離れようとしないから、別れにくくなります。

この離れようとしないのは、愛なのか、それとも、同一化なのかを、見極める必要があります。

もし、相手が、人との境界が作れずに、ただ密着したいと言う欲求を、満たそうとしているなら、お互いの成長は、見込めないでしょう。

このような人の、時間つぶしの相手をしている限り、あなたは、大切な時間と、自分らしさを失っていきます。

できたら、密着してきたら、その都度切り離すという作業を、繰り返して、相手が改めようとするのか、さらに密着を強化しようとするのかを、冷静に観察するのも良いでしょう。

その結果、見込みがないなら、別れを選択すれば、もう後悔はないかもしれません。

また、別れには儀式をつかったほうが、より切り替えがはっきりして、未来に目がいくようになると思います。

・・・続きは動画でどうぞ!

【動画内でご紹介した書籍や関連動画】
境界

自分の境界を知り、堂々と主張するには?

共生的関係

「ひいき」と「好き」の違い「共生的関係を卒業することで本当の信頼関係は見つかる」

※自動音声になります。苦手な方はご遠慮ください。