謝罪されたら許すべき?

あなたは、謝ることについて、どう思いますか?

謝ったほうが良いけど、なかなか謝れない時とか、謝られたのに、すっきりしない時など、あると思います。

今日は、この謝るということについて、考えていきたいと思います。

今日は、このような話をしました。

前半は、

謝るとは

辞書では、
悪かったと思って、相手に許しを願うこと。と書いてあります。

しかし、これには二つの意味があると思います。

一つは、関係性を改善したい場合と、もう一つは、許しでリセットをして、、また同じことをやり直したいと、願っている場合です。

これは、謝る側の、気持ち次第です。

それを見極めて、その謝罪を、受け取るかどうかを、考える必要があります。

謝罪という、言葉だけに従うのは、やめましょう。

気持ちが大事なのです。

後半は、

許すとは

許すという言葉は、なんか微妙です。

偉い人が下のものを許すかのような、イメージがあります。

ただ、今回のコメントでは、母親の中では、すでに許しありきの展開を、見越しているかのような、感じもします。

全てが脚本通り、という感じです。

この辺が、コメント主さんの、スッキリしないところなのでは、ないでしょうか。

このモヤモヤ感は、非常に大事です。

また流されるのか、それとも、自分の洞察力を信じて、立ち止まるかのところに、いるのだと思います。

・・・続きは動画でどうぞ!

【動画内でご紹介した書籍や関連動画】

「許す」ことが出来ない理由がわかる

「許す」ことが出来ない理由がわかるー2つの違った「許す」の意味とは?!ー

傷つきやすい人へ

心が傷つきやすい人へ

信じるということ

信じるということ

※自動音声になります。苦手な方はご遠慮ください。