愛って何なの?と思う方へ

愛って、なんだと思いますか?

愛とか情愛など、いろんな言葉がありますが、そもそも愛について、理解していない人は、結構多いと思います。

これは、なぜかというと、本当の愛の経験がないからではないでしょうか。

きっと、自分が何もできない幼少期などに、愛をくれるはずの人から、ひどい扱いを受けたなどの経験によって、愛についての誤解と、また、その経験によって、人への不信感と敵意が、生まれたからだと考えます。

つまり、愛とは敵意、というような誤解によって、今までの恋愛とか友情などを築いてきたならば、うまくいかないのは当然だということです。

今日は、このような悩みを持つかたが、現状を理解して、今から少しづつでも、その誤解を修正していけるように、考えていきたいと思います。

特に女性のかたに聞いてもらいたいと思っています。

【あらすじ】

このような話をしました。

前半は、

間違った愛の特徴

間違った愛は、幼児期の人への不信感と敵意から、不安が生まれ、この「悪循環」を、繰り返していることになります。

1.不信感と敵意という土台の上にある、不安
2.愛への過度の要求
3.拒絶されたという感情
4.激しい敵意
5.敵意を抑圧する必要性
6.強い抑圧
7.怒りが生み出す緊張
8.安全感への要求が強くなる

また、
情愛獲得の方法を大別すると、「買収」、「同情への訴え」「正義への訴え」「おどかし」です。

このような方法で、自分が陥りがちな箇所はないか、得意にしているところはないか、考えてみてください。

後半は、

愛の誤解を修正する方法

まず、間違った愛の理解に気づくことです。
これは、責めるためではなく、ここから学ぶためにです。
このように自分を責めなくなると、愛がわかった人に、出会える機会が増えます。

そうすれば、実践で学んでいくことができます。

いかがでしょうか。

こう考えると、よくある、売れている恋愛本などは、このまちがった愛を、さらに強化して、より支配欲を高めて相手を落としましょう、というような内容も、多いような気がします。

でも、これは一時的な愛の獲得には成功しても、長続きするとは思えません。

それならば、支配や操作で落ちるような人を、相手に選ぶのではなく、お互いに尊重し合えるような相手と、出会えるように、自分を方向付けてあげると、良いのではないでしょうか。

まずは、自分を肯定すること、つまり、責めないことです。

・・・詳しくは動画でどうぞ!

【動画内でご紹介した動画や関連動画】
愛は犠牲から成り立つと思うかたへ

愛は犠牲から成り立つと思うかたへ

自己愛を満たすには?

自己愛を満たすには?

自分を愛するということ

自分を愛するということ。そうすれば誰かや何かを愛するようになれるということ。

※自動音声になります。苦手な方はご遠慮ください。