menu

自分をカタチにはめるのはやめようね

【カタチから離れる】
カタチにこだわってると、いろんなことが苦しいね。

いい学校に入る、安定した会社に就職する、お年頃で寿退社する
安定したお給料の旦那さんと結婚する。

嫁姑の仲は円満、両方の親に親孝行。

ご近所には
あの人は感じのいい人でと
言われるように
お付き合いもかかさない

ホントはピンクが
着たいけど
年相応にしなくちゃ

子どもは一男一女で
家は一戸建て

自分も働いて
家計を助け

食事は栄養が
偏らなように
きちんと作る

子どもは塾に入れて
いい成績を目指す

部活に入ったら
応援、送り迎え

進学校に行かせる

安定した就職先に就職させる

子どももちゃんとした所の
人と結婚させる

一度、結婚したらそいとげなきゃ

不倫なんてとんでもない

孫を持つ

世に言う安定
よしとされる価値観

これに自分を全部
あてはめようと思ったら
しんどいね

結婚ができない

本当はしたくない

結婚したら
今度は子ども産まなくちゃいけない

本当は欲しくない

旦那さん以外にも
好きな人ができちゃった

とんでもないこと
この気持ちは抹消しなきゃ

世の常識から
はみ出ないようにしなきゃ

いつも追い立てられてる

いつもできなてないって
自分を攻め立てる

書いてるだけで
わたしなんざ、既に
無理じゃあ

これじゃ
時間がいくらあっても
足りない

カタチに
こだわってると

中身はスカスカになる

体裁だけを整えることに
必死で

深く考える余裕がない

ハリボテのカタチは
すぐに崩れる

カタチから
離れてみよう

世に言う常識と
自分の本音を

較べてみよう

違和感がなければ
オッケー

でも違うと
思ったら

カタチにあてはめるのは
やめようね

無理にあてはめる必要は
ない

カタチにこだわると
生きづらくなる

自分が自分で
居られなくなるから

端から見たら
とんでもないカタチかもしれない

でも
自分が居心地のいい
カタチを自分が
作っていいんだよ

 

メールマガジン